最近話題の光造形はこんなにすごい

光造形とは、3dプリンターの一種ですが、その仕組みとしては光で硬化する液体に、光を当てることで硬化させ立体的な造形を行うというものです。光としては紫外線が用いられ液体の満たされたプールの大きさによって作られるサイズが決まります。メリットとしては、液体の中に沈み込んでいくように立体造形が行われるということで物体を支えるサポートの数を最小限にすることができます。また積層するピッチも細やかに設定することができるので精密な造形が可能です。以前は素材となる紫外線で硬化する液体樹脂の価格が高いものでしたが、近年は価格も下がり安価に、かつ高精密の造形が可能になっており、また従来の積層による方式に比べて、高速に立体造形を行うことができるメリットがあります。

光造形を用いた場合のメリットについて

3dプリンターとはコンピューターで作られた3dデータを用いて立体的な物体を作ることができる装置のことです。このさいにはさまざまな種類がありますが、そのひとつが光造形です。この場合にはプールを光で硬化する液体を満たし、そこに光を当てることで硬化させ形を作っていくものです。プールの大きさによって作られる物体の大きさが決まります。硬化させる光としては紫外線が用いられ、従来の3dプリンターに比べて高速に作ることができ、また液体の中に沈み込んでいくため物体を支えるサポートが不要といったことが特徴です。以前は、素材の元になる液体が高価であったため用途が限られていましたが、近年は需要が増えて大幅に値段が下がっていることもあって安価に作ることが可能になっています。

その精度と使われる用途について

メリットとしては高精度であることです。3dプリンターでは1ミリ以下の層を積み重ねることで形をつくっていきますが、層の厚さはその種類によって変わってきます。もちろん薄ければ薄いほど精密な立体造形をすることが可能ですが、積み重ねる枚数が多ければ多いほど時間が掛かります。紫外線で液体を硬化させる方法で、この層を細やかに厚さの設定することができるためよりリアルな造形が可能です。特に液体の中に沈み込んでいくように造形していくので物体を支えるサポートも最小限で済みますし、より立体的な造形も作ることが可能です。また透明樹脂を使用することも出来るので試作品を作るといったことや、塗装などの加飾も行うことができます。このため試作品の形状確認や実際に使用する機械部品、商品説明をするさいの営業用サンプルなどとして広く利用されています。