光造形方式について丁寧に説明します

最近話題の3Dプリンター。数年前には数百万円していたのが、かなり価格が下がってきたため庶民の手にも届きやすいお値段にはなってきました。とはいえまだ10万円前後のお値段です。コストがかかるという欠点があるのです。それに、1つのものを作り出すための時間もかかります。3Dプリンターよりも高速で低コストに製作できるということで評判がいいのが光造形という方式です。デザイン検証・形状確認などのための試作品として、真空注型型作成用のマスターとして用いられています。ただ何でも万能にこなすことができるわけではなく、デメリットもあります。光造形方式に対して、3Dプリンターで用いられるのは熱溶解積層方式です。それぞれの違いについてみていくようにしましょう。

それぞれの方式の原理の違いとは

熱溶解積層方式というのは熱に解ける樹脂を1層ずつ積み上げていく方法です。一方で光造形方式は紫外線を照射させることで硬化する液体樹脂を槽に満たしておき、そこに紫外線レーザーを照射させて層を作り、1層ずつステージを下げていくことで幾層にも積み上げ、造形するのです。今、日本の製造業の中でもっとも普及している方式で精度がよく、複雑で細かいものが作れます。熱溶解積層方式だと精度や表面の仕上がりが比較的粗くなり、デザイン検証や形状を確認するための試作品として用いるにはあまりおすすめできません。お値段は安くなってきていますし狭いスペースに置くことも可能なため、個人で3Dのものを作る場合の機械として導入するのはよいでしょう。3D作りはかなり身近な存在となっているのです。

光での造形方式の特徴やデメリット

複雑なものを作れるだけではありません。ポリカーボネート相当の強度に優れた樹脂での製造も可能です。どんなに複雑なものであっても24時間無人運転で製作可能なので人件費の削減にもつながり、この点も製造業界で普及している理由となるでしょう。一方で、製造可能な寸法サイズに制限があり、長さ650×幅750×高さ550までとなっているのです。それよりも大型のものを作る必要がある、というところであれば熱溶解積層方式を用いるしかありません。それに、大体の形状が分かればそこまで細かい試作品は必要ないというところでも熱溶解方式で十分でしょう。それぞれの特徴やデメリットを知った上でよいものを導入するようにしましょう。可視化モデル製作にかかっていた時間が短縮でき、曲げや型が不要になるためコストダウンにもつながります。