光造形って何?基本から解説します

光造形は3dプリンターなどで使われる方式のひとつです。一般的に3dプリンターでは1ミリ以下の厚さで作られたシート状のものを積み重ねていき立体的なものを作り上げるというのが基本です。このさいの造形の方式では、一般的なものでは加熱した樹脂を用いたものが中心で、産業用などには粉末にレーザーを当てて焼結させる方法がありますが、光造形では紫外線などの光に反応して硬化する樹脂を用いて形を作り上げるというものです。もちろん積層式ですので1ミリ以下の厚みで造形していくというものですが、加熱して利用する樹脂と比べて、スピードと精密性に優れるメリットがあります。また光によって硬化するという特殊な方法が使われるので強度のあるものを作ることができるのも大きなメリットです。

3dプリンターの種類と作れるもの

3dプリンターとは、コンピューターで作られた3dデータをもとに任意の形のものを作り出す装置のことです。以前は産業用が中心でしたが、家庭用のものも販売されており、また産業用のもので造形を行ってくれるサービスもあり、身近な存在となっています。その種類としては積層式で1ミリ以下の厚みで何層にも重ねることで作り上げるというものですが、その形を作る際に、方法はいくつかの種類があります。安価な3dプリンターで用いられているものは溶かした樹脂を使ったもので、家庭用プリンターなどで広く使われていますが精度は荒くなりがちです。一方でより精密な造形を行う方法としては光を用いた造形方式があります。これは光硬化樹脂を用いたもので、それらに紫外線レーザーや類似の光源を当てることで造形していくというものです。

光造形を利用した場合のメリットは

光を用いた方式のメリットとしては造形速度があります。加熱した樹脂を積層していく場合には時間が掛かりますが、光を使ったものは高速で処理されるので有利です。また加熱した樹脂を用いるものと比べて紫外線で硬化するという性質の樹脂を用いるので十分な強度のあるものを製作することができますし、精度においても優れているため産業用では金属鋳造などで使われる原型としても利用することができます。また医療用としてもこの方式で作られた部品が使われるようになっています。一方でややデメリットとなるのが、その樹脂の特殊性です。加熱で柔らかくなる樹脂を用いるのとは異なり、紫外線などの光で硬化するため一度満たした液体の樹脂を再利用することができないので1度の造形で必要なコストが変わらないということです。このため他の樹脂を用いたものと比べると高価になります。