光造形とは3dプリンターの方式のひとつで、液状の紫外線硬化樹脂を用いて、紫外線レーザーを使用して立体造形を行うというものです。仕組みそのものは他の3dプリンターと同様に薄い層を1枚1枚作っていきそれらを積み重ねていくというものですが、この方式では非常に微細な層を高速で作っていくことができるので、精密な立体造形を短時間で行うことができます。また素材に関しても、アクリル相当やPP相当、PC相当といったものがあります。アクリル相当では特に透明度の優れた立体造形が可能ですし、PP相当では柔軟性のあるものを作ることができます。またPC相当では強度に優れ透明度のあるポリカーボネート相当の立体造形を行う事ができるなど、試作品から製品まで幅広い物体を作ることができます。

立体造形ができる光造形のメリットについて

3dプリンターは、コンピューターで製作した3dデータをもとに立体物を作る機械のことですが、その方式にはいくつかの種類があり、そのひとつが光造形と呼ばれるものです。この方式では、液状の紫外線硬化樹脂に対して紫外線レーザーを照射することで、任意の形に0.1ミリの厚さで硬化させそれらを積層していくことで立体造形を作るというものです。メリットとしてはそれまでの3dプリンターの方式と比べて製作スピードがはやいということで短時間でのモデル製作が出来るということです。また紫外線硬化樹脂の種類としてはアクリル相当の性能のあるものでは透明の物体を作ることが可能ですし、ポリカーボネート相当の樹脂であれば、強度に優れた物体を作ることが可能で、試作品から製品まであらゆるものに使うことができます。

使われる用途と作られた立体造形の特徴

光を用いた方式のメリットとしては、試作加工を短時間で行えることや透明樹脂を用いることで実物の内部の構造を知ることができるといったことがあります。一方でデメリットとしては造形する機械によって作れる大きさが制限されるということです。一般的に普及している装置では50センチ立方です。大型装置では2メートル以上のものを作ることができますが、製作コストは上がってしまいます。なお、製作後の特徴は使われる樹脂によって変わってきます。現在使われる樹脂は、アクリル相当、PP相当、PC相当の3種類が知られます。いずれもエポキシ系の樹脂でアクリル相当では透明度の高い物体を作ることが可能です。PP相当は柔軟性があって割れにくいものを作ることができPC相当ではポリカーボネートに似た特性のある透明度と強度のあるものを作ることができます。

試験モデルの実績も紹介していますのでぜひご覧ください。 金属3Dプリントの拠点地は横浜市都筑区です。 東急田園都市線 梶が谷駅より徒歩7分。駐車スペースもございます。 金属3DプリントはSOLIZE Products。日本老舗の3DSYSTEMS社正規販売代理店です。 サイトでは社員のコラムも掲載しています。 試作支援サービスや3Dプリンターのレンタルが人気です。 光造形の試作はSOLIZE Productsへおまかせください